人蕩術

「人蕩術」とは
職場・仲間・恋人・夫婦・家族等全ての人間関係を良くする為に考えられた世界最高峰のコミュニケーション術である。

「魅力とは与によって生じ求によって滅す」

私の心の師匠、無能唱元先生の言葉である。

先生の著書「人蕩術」は私の人生のバイブル書であります。

先生の「人蕩術」から沢山のことを学びました。
そこで氣付いたことは、人生に自分の想い描いた大輪の華を咲かせるには型破りな人間にならないと難しいと言うことです。
だけど、型破りな人間になるには型が必要です。
何故なら、読んで時の如く型が無いと破れないからです。

私はマジシャンでもあるので守破離の考え方をベースにしています。
無能唱元流の型を学んだのでしっかり守って実行してきました。
実行して行くうちに氣付きがあるのでそこから破って自分に合ったやり方を考えて来ました。
自分に合ったやり方を実践して、体験して、経験して、改善して型から離れてオリジナルを作っていくことをしました。
ここで、はじめてオリジナルのものができてきます。

だけど、ここに大きな落とし穴があるんです。

それは、オリジナルに走りすぎると自分が作り上げてきたんだ、自分が正しいんだと勘違いして調子に乗り過ぎてスランプがやってきます。
その時は、どうすれば良いのかと言うとまた型に戻って守ることをするんです。

こうして循環して行くことによって師匠の型とオリジナルが融合して新たななものが出来上がり、師匠の偉大さにも心の底から氣付かせて頂き謙虚さと言う
ものも学んでいくんだと思っております。

そんな「かりゆし流」の型がありますので興味を持って頂ければ幸です。
そして、皆さんも是非、型破りな人間になってオリジナルの「人蕩術」と「引き寄せの法則」を身につけて頂きたいと思います。

かりゆし流 初対面で成功する10の「人蕩術」

 1、 自己紹介で心を掴む
 2、 親近感トークで信頼関係を築く
 3、 出身地の話しからパーソナルの話しへ
 4、 趣味を引き出して価値観を知る
 5、 仕事の夢や目標を知って応援し合う
 6、 家族の話しで親の有り難みを分かち合う
 7、 未来の家族の話しで未来予想図を語り合う
 8、 理想のパートナーとはどんな人かを知り尽くす
 9、 今日の感想を伝えて尊敬と感謝を伝える
10、 お会いできた喜びを伝えて次の約束をする

この内容を全て理解できるようになると必ず初対面の方と濃密な時間を過ごすことができ「また会いたい」と言われるようになります。

その為に必要な7つのステップ

1、リスペクトの法則 (お相手を立てて氣持ち良くなってもらい心を開いてもらう)
2、親近感の法則 (お相手に一緒にいて楽しいと思ってもらう方法)
3、興味付けの法則 (お相手にこちらにも興味を持ってもらえる方法)
4、メタファー氣付きの法則(お相手にこの人といると良いことあると思ってもらう方法)
5、自己重要感の法則 (相手が絶対に仲良くなっておきたいと思う方法)
6、連絡先交換の法則 (どんな人でも必ず連絡先を交換できる方法)
7、接待・デートの法則 (お相手がまた会いたいと約束したくなる方法)

このステップを身につけるとお相手の心理状態が全て分かるようになりアウトとサトルティを活かしながらどんな状況にも対応ができるようになります。
どんな人でも「また会いたい」と言われるようになり結果誰とでも仲良くなれます。

※アウトとはメンタリズムで使う技術ですが、分かりやすく説明すると自分の想定を越えた反応や答えが来てもナチュラルに自分の思う方向へ
 相手を誘導する心理術です。

※サトルティとはこれはマジックでもよく使われますが、簡単に説明すると狡猾さ。
 要するに相手に氣付かれずにこちらの思うように心理をコントロールできるズル賢さです。

この技術はとてつもなく効果がありすぎるのでしっかりと心の状態ができた人にしか伝授はできません。
基本でもありながら高等技術でもありますので修得するにはトレーニングが必要です。

しっかりと真理と心理を学んで頂いた方に伝授することになっております。

これはまだまだ氷山の一角なので他にも沢山の高度な技術がありますが、人を動かすには技術だけではなくしっかりとしたぶれない心の在り方が必要となります。
心がないコミュニケーションは必ず後で見透かされてしまいます。

効果がありすぎるので、心身をトレーニングして心と身体を一つにすることが大切です。

この人蕩術を身につけても決して軽はずみな氣持ちでは使わないことをお約束して頂いてます。